Japanese  |  English

MarkinLASE

Automation

オートメーション向けに最適な
コンパクトなクラス4レーザー
PC専用ソフトとオートメーション用コネクティビティが
搭載されたシンプルユニット

[マーキングエリア] 100mm × 100mm

* 写真内のスタンドとプレート冶具はオプションです。
* ご使用になるには、安全管理区域内、もしくは遮光された環境でご使用ください。

Enclosure

安心のクラス1レーザー
エンクロージャーとソース電源ユニットを
別々に設置できるコンパクトなデザイン

[マーキングエリア] 100mm × 100mm

WYSIWYG操作で簡単設定PCソフト

カラフルなツールへも綺麗にマーキング

熱処理材へのQRコードマーキング

外観図 & 仕様

MarkinLASE 外観図

*ご使用になるには、安全管理区域内、もしくは遮光された環境でご使用ください。

図面をダウンロードする

MarkinLASE オートメーション

クラス Class 4
重量 レーザーヘッド 4.4kg
ソース電源ユニット 25.8kg
外観寸法 レーザーヘッド 126mm(W)×390mm(D)×139.4mm(H)
ソース電源ユニット 300mm(W)×511mm(D)×265mm(H)
希望小売価格 ¥1,999,000 + 税~

MarkinLASE エンクロージャー

クラス Class 1
重量 エンクロージャー本体 28.9kg
ソース電源ユニット 25.8kg
外観寸法 エンクロージャー本体 383mm(W)x561(D)x657(H)
ソース電源ユニット 300mm(W)x511mm(D)x265mm(H)
希望小売価格 ¥2,299,000 + 税~

MarkinLASE 本体仕様表

電源 100-240V 50/60Hz 単相
レーザー種類 MOPA ファイバー 波長:1064nm クラス4 レーザー
発振器平均出力 20W
加工点平均出力 17W(±5%) パルス発振
周波数調整範囲 30-500(kHz)
出力調整範囲 5-100(%)
ガイドレーザー 半導体レーザー 波長:650nm クラス2 レーザー
スキャンニング方式 ガルバノスキャニング方式
スキャンスピード 最大5000mm/s
打刻エリア 100mm×100mm
ワーク間距離 170mm±1
焦点合わせ 手動
入出力 D-sub26
使用周囲温度 0~+40℃(結露なき事)
使用周囲湿度 35%~85% RH
保管周囲温度 -10~+60 ℃
冷却方式 強制空冷
規格適合 CE(スキャナー、ソース、電源ユニット)
打刻可能ワーク 金属(鉄、アルミ、ステンレス、金、銀、銅、チタン他)
プラスチック(ABS、PA、PES、PP)

Windows ソフトウェア仕様表

PC 条件 Windows 7,8,10
打刻可能文字 PC で表示できる文字
(英数字、ひらがな、カタカナ、漢字、各種記号、その他)
文字高 0.1mm to 100mm(0.001mm 間隔で設定)
打刻力設定 周波数 : 30-500kHz、出力 : 5-100(%)
打刻速度設定 スキャンスピード : 最大5000mm/s
通信仕様 USB
ロゴマーク DWG、DXF、PLT、CNC、GBR、DST、AI、BMP、JPG、TIF、PNG、EMF、PCX、CMP、FPX、PLT、CAL、ICO、PS、EPS、CLP、WMF、CUR、PSD、TGA
1次元コード Code 39、Code 128、Code 128A、Code 128B、Code 128C、Code 93、Code Bar、ITF、MSI Code、Us PostNet、UPC-A、UPC-E、EAN 8、EAN13、UCC128、EAN128、FIM、Code25、ITF25、GS1 128
2次元コード Data Matrix(ECC000-140)、Data Matrix(ECC200)、PDF417、QR Code、Maxi Code、PDF 417 Turncated、Micro PDF 417、Micro QR Code、Aztec Code
シリアルナンバー 00000001 ~ 99999999
自動日付打刻 年、月、週、日、時(24 時、12 時)、分、AM もしくはPM、秒
対応言語 日本語、英語、中国語、ドイツ語、ポーランド語、ポルトガル語、トルコ語、ベトナム語

注)品質の向上に伴い、予告無しに仕様が変更する場合がございます。予めご了承ください。